キャッシング枠が総量規制の対象になるとは

キャッシング枠が総量規制の対象になるってどういうことですか?

総量規制というのは、年収の3分の1以内までしか融資を受けることができないという、法律による取り決めのことです。融資を受けるといえばカードローンなどが一般的ですが、これは一見ショッピングに利用する目的で持つクレジットカードとは関連性が無いように思えます。しかし、クレジットカードと融資との間には、関連性があるのです。

クレジットカードには2つの枠があります。1つはショッピング枠で、皆さんがクレジットカードを利用する際には主にこちらを利用されていることと思います。ショッピング枠は、その名の通りショッピングをする際に利用する部分で、物やサービスを購入した場合にカード会社が立て替えてくれるという仕組みで利用するのがこの枠となっています。こちらに関しては総量規制の対象になっていないので、借り入れに対する影響はありません。

それに対して、クレジットカードにはキャッシング枠というものもあります。これは、お金を借りること自体を目的とした枠となっています。クレジットカードを作る際に、何かあったときに備えてとキャッシング枠を設けている人も少なくないでしょう。

しかし、このキャッシング枠は、実際には利用していなくても、設けているだけで総量規制の対象となるのです。つまり、キャッシング機能は全く使っていなくても、キャッシング枠を持っているだけで、その金額分すでに借り入れを行っているのと同じ計算がされるということです。

キャッシング枠の合計金額が100万円を超えている場合、新たにクレジットカードを作ったり、万が一何かがあって融資を受けたいと思ったりしたときに、年収を証明する書類を提出することを求められます。これは、総量規制の取り決めによって、借り入れが100万円以上ある人は年収を証明する書類を提出することが決められているからです。さらに、キャッシング枠の合計金額が年収の3分の1を超えていて、それを利用してしまった場合は、キャッシング機能が利用できなくなることもあります。

実際にキャッシング機能を利用していないのに、借り入れを行っているのと同じ扱いになるのには問題がありますよね。そのため、キャッシング枠は必要な分だけ設け、必要が無い場合にはキャッシング枠は外しておくなどの対応を考えた方がより便利に利用できます。

複数のクレジットカードを持っている人は特に、キャッシング枠がどのような扱いになっているかを把握しておきましょう。また、今後複数のクレジットカードを持つことを考えている人は、キャッシンク枠の扱いをどのようにするかも考えたうえでカードの発行をするようにしましょう。