カード払いの時先払いをすると得になるのか

先払いをすると何か得があるの?カードを利用して買い物をした場合

クレジットカードと言えば、買い物をしたりサービスを受けたりした時の代金をカード会社が立て替えてくれ、それを後から支払うという形になっています。その時に手持ちのお金がなくても買い物をすることができるのでとても便利ですよね。その代金を支払う方法にはいくつかあり、大きく分けると一括払いと分割払いがありますが、これは今後どれくらいの収入がいつごろあるかを元に考えるものになります。

今は給料前でまとまったお金が無いけれど、給料が入ればすぐに払うことができる金額であれば一括払いにすればいいですし、給料が入ったとしても一括で支払う余裕が無いと思った時には分割払いにすればいいことになります。これは、多くの場合クレジットカードで支払いをした時点で確認されます。

そのため、ある程度の予測を立てることはできても、確実にその後の予定が把握できているわけではありません。一括払いの時は手数料は掛からないので、一括払いにする方がお得なのですが、そうもいかず分割払いにしたものの、後から思ったより余裕ができて返済できるといったこともあり得ます。そうなったとき、支払いの期日まで待つのではなく、先払いをするという選択もできる場合があります。

先払いができるのであれば先払いをすると、分割払いの際の手数料を減らすことができます。ただし、できるのであればと述べたように、これはカード会社によってはできないこともあるので事前の確認が必要です。さらに、先払いができるカード会社であっても、請求額が確定していない時期であるなど、タイミングの問題で先払いができないということもありますので注意が必要です。

さらに、先払いは銀行振り込みで行うのが一般的なのですが、この際の手数料は先払いを行う人が負担することになりますので、先払いしたい金額区によっては手数料の方が高くつく場合がありますので、手数料についても事前の確認が必要です。

また、先払いをすることには手数料の面以外にもメリットがあります。それは、カードの利用限度額が低い場合には特に有効となるもので、引き落とし日よりも先に支払いを済ませておくことによって、利用限度額がその分戻ることです。そのため、その後の買い物をする時に、限度いっぱいまで使っているので買い物ができないといったことを避けることができます。これは、一括払いを選択した場合でも、近々またクレジットカードを使いたいと思う時には有効な手段ですね。

以上のように、クレジットカードを利用した後、支払い予定日よりも先払いをすることにはメリットがあります。振り込み手数料や、今後の利用予定などを考えながら、クレジットカードが有効に利用できる方法を考えてみましょう。