支払い方法によって利息が変わるのか

支払い方法によって利息が変わる?クレジット機能の使い方を考えよう

クレジットカードを利用した時には、支払い方法がいくつかあることはご存知だと思います。少額の買い物であれば一括払いで問題はないですが、高額の買い物となると一括払いが難しいこともありますよね。そうなると、一括ではなく分割払いを選択することになります。ここで注意が必要なのが、分割払いにする際に何回に分けるかです。それは、分割する回数によって利息が変わるからです。

2回払いは、カード会社によって利息がつく場合とつかない場合がありますので、確認しておきましょう。もし2回払いまでは利息がつかないのであれば、できるだけその範囲で抑えたいものですよね。3回以上の分割払いにすると、利息がかかります。それ以外に、リボルビング払いという方法もあります。

リボルビング払いとは、毎月一定の金額を支払っていくという方法です。そのため、月々の支出は少なくて済みますが、返済までに時間がかかる方法でもあります。リボルビング払いを選んだ場合も利息がかかります。そうなると、支払いが完了するまで残金には利息がかかり続けます。そのため、リボルビング払いにすると利息が高くなってしまうということになります。

ここで考えたいのが、ボーナス払いを利用することです。これは、ボーナスが支給される時期に合わせて支払いを行うというものです。ボーナス一括払いには、実は手数料がかかりません。そのため、今すぐに返済できないからと分割払いで支払うよりも、その分を貯蓄しておいてボーナス一括払いで支払いをする方が利息がかからずお得に利用できるということになります。もちろん、ボーナスそのものを利用して支払いをしてもいいですよね。

ただし、ボーナス2回払いを選択すると利息がかかります。また、2回払いを利用するということは、買い物の時期によって、長い場合は約1年の期間を使って支払いを行うことになります。そうなると、支払いがあることを忘れてしまいそうですね。そのため、計画的に利用することが大切です。

ここで、ボーナス払いを利用する際の注意点です。まずは、ボーナス払い自体ができない場合もあるということです。買い物をしてしまってからボーナス払いは利用できないとわかったら、困りますよね。そのため、ボーナス払いを利用しようと思うのであれば、あらかじめボーナス払いに対応しているかどうかを確認してから利用する必要があります。

また、ボーナス払いの内容も様々です。利用可能な時期が何月だけと決められていたり、この金額以下であればボーナス払いは利用できないといった金額による利用制限があったりする場合もあります。そのため、その店がどのようなタイプであるのかを事前に知った上で利用することが必要であるということですね。

同じ金額の物をクレジットカードを利用して購入したとしても、支払い方法によって実際に支払わなければならない金額が変わってきます。高額の買い物をすればするほどその影響は大きくなりますので、できるだけ一括払いを選ぶ、ボーナス払いも検討するなど、支払い方法に気をつけながらお得に利用しましょう。