クレジットカードを作るのに必要な最低年収

クレジットカードを作るために必要な最低年収があるの?審査との関係

お店などで買い物をしていて、クレジットカードを勧められたという経験はありませんか?私はかなり頻繁に経験しています。クレジットカードは、現金が手元になくても買い物ができたり、キャッシング枠をつけてあれば万が一急な出費で必要になったときにお金を借りることもできたりする、とても便利なものです。

ところで、そのように勧誘されることもあるクレジットカードなのですが、そうやって勧誘されることも考えると、簡単に作れるイメージがあります。実際のところ、全ての人が作ることができるものなのでしょうか。実はこのクレジットカードなのですが、年収によっては作ることができないなど、作るための条件が存在しています。

それぞれの会社で基準がありますし、審査も様々な視点から見て行われるため、必ずそうであるというわけではありませんが、一般的には年収が200万円よりも少ないとクレジットカードを持つことができない可能性が高いと言われています。

クレジットカードを利用して買い物をすると、手元にお金が無くても商品やサービスを手に入れることができます。それでは、その代金はどうなっているのかというと、カード会社がそれを立て替えて払っているという状態になっています。そのため、カード会社としてはきちんと立て替えたお金を回収する必要があります。

収入が無いと、立て替えたお金を返してもらえる可能性が低いと判断されても仕方がないですよね。そう言った意味で、年収が低いと審査に通りにくくなると言えるのです。しかし、カードローンなどとは違って、年収が高ければ高いほどいいかというと、そういうわけでもありません。一定の基準をクリアーしていればいいという扱いになっています。

それでは、年収が低ければクレジットカードを持つことは不可能なのかと言えば、そうではありません。アルバイトやパートをしていれば、通る可能性のあるカードも存在します。それは、利用可能額が低めに設定されているカードです。また、審査基準はカード会社によって違うため、アルバイトやパートでも可となっているところを選んで契約すれば、審査に通る可能性が高くなります。

それ以外の審査基準としては、勤続年数や年齢、雇用形態、居住形態などが重視される傾向にあります。つまり、安定した収入があって、立て替えたお金を回収できる可能性が高いと判断される人が審査に通りやすいということですね。

また、そういった意味から、その人が信用ができるかどうかを判断する材料になるということで、申し込み書に虚偽の内容を書き込んだり、これまでにキャッシングをたびたび受けていたりすると、審査に通らない可能性が出てきます。過去の返済に遅延があった場合は、その可能性がさらに高くなります。

以上のように、クレジットカードは誰手も持つことができるものではなく、審査に通る必要があります。年収が心配な人は、それでも通りやすいカード会社を探してクレジットカードを作るようにしてみましょう。