未成年でもカードを持つことができるか

未成年でもカードを使って後払いで買い物をすることができますか?

クレジットカードは、一時的に商品の代金をカード会社に立て替えてもらう状態になるため、発行してもらうためには本人の信用が大切になります。そう考えると、未成年であればカードを作ることが難しいと思われますが、実際のところはどうなのでしょうか。

まず、未成年とは言っても、まずは18歳以上であることが必要です。ただし、18歳以上であっても高校生は不可とされています。さらに、それはクリアーしていても、同じ未成年でも大学や専門学校などに通っている学生と、すでに働いている人がいます。それらも含めて、カードを作ることが可能かどうかを見ていきましょう。

まずは、未成年でなおかつ学生である場合です。学生の場合は、クレジットカードを作ることが可能です。この場合、アルバイトをしている・していないは関係ありません。しかし、学生の場合は必ず親の承諾が必要とされます。そう考えると、学生本人というよりはその保護者を信用してカードを作るという感じですね。

学生が持てるカードとしては、学生カードと言って、年会費が低く、さらに保険などのサービスが受けられるカードも存在していますので、利用の仕方によっては有利になることもあります。ただし、支払いができないような使い方をしてはいけないのは、もちろんです。

次に、学生ではない未成年の場合です。この場合、安定した収入があればカードを作ることは可能です。会社員であればほとんどの場合カードを持つことができますが、正社員ではなく、例えばフリーターであってもカードを作ることができる可能性はあります。ただし、この場合は正社員の時に比べて審査に通らない可能性が上がります。

その際、少しでも審査に通りやすくする方法として、キャッシング枠は付けないということができます。これを意識せずに、なんとなくで申し込むこともあるかもしれませんが、キャッシング枠はショッピング枠とは違って、お金を借りること自体を目的とした枠ということになっています。そのため、キャッシングでの利用を前提としていると勘違いされやすく、その結果審査に通らないということがありえます。

また、学生との大きな違いとして、学生ではない未成年は、アルバイトなどをしていない場合はカードを持つことは不可能であるということがあります。そういった場合は、親のクレジットカードの家族カードを利用するという方法もあります。親と同居しているのであれば、このような形でカードを持つことも考えられます。

以上のことから、未成年でもカードを利用して買い物をすることが可能であると言えます。しかし、カードの審査に通らない場合もあるので、確実に利用できるとは言えません。