前払い式のクレジットカードの仕組み

前払い式のクレジットカードもあるの?その仕組みとは

商品やサービスを購入し、その代金をカード会社に立て替えてもらい、後から支払いをするというのがクレジットカードの仕組みであることは皆さんご存知だと思います。そのため、クレジットカードの支払いは商品などを先に手に入れた後に行うことになるので、後払いというのが当然のこととなります。ところが、それとは違って、前払い式のクレジットカードというものも存在するのです。

後払いの仕組みはよくわかりますが、前払いというのはどうなっているのか疑問に思われる方もいらっしゃると思います。そこで、前払い式のクレジットカードがどのようになっているのか、その仕組みを見てみたいと思います。この前払い式のクレジットカードは、デビットカード型クレジットカードと言われるものです。そこで、まずはデビッドカードというのがどのようなものかについて確認してみます。

デビットカードというのは、今自分が持っている金融機関のキャッシュカードを利用して、商品やサービスの代金を支払うというものです。新しいカードを特別に作るというものではなく、手持ちのキャッシュカードを利用するところに特徴があります。デビットカードに対応している店舗で、端末機にカードを入れて暗証番号を入力すると、支払いが完了します。

そして、支払った代金はどうなっているのかというと、その時点で口座から引き落としが行われています。つまり、現金で支払ったのと同じ感覚で、お金を出してから商品を受け取るという形になっているということですね。それと同じ仕組みを利用しているのが、デビットカード型のクレジットカードということになります。

これも、各ブランドで、通常のクレジットカードと同じように発行されています。そして、キャッシュカードを利用した場合と同じく、店頭やインターネット上でこのタイプのカードを使用すると、口座からの引き落としが即座に行われます。そのため、口座に入金されている以上の額の買い物をすることはできませんので、使い過ぎを防ぐことができます。その代わり、従来のクレジットカードのように後々の収入をあてにして買い物をするといったことができません。また、24時間いつでも利用できるわけではないということにも注意が必要です。

しかし、基本的には18歳以上からしか利用できないクレジットカードと違って、15歳から利用することができ、さらにクレジットカードのような審査も必要としません。そのため、従来のクレジットカードよりも持ちやすいという特徴があります。以上のような利用の仕方を理解して、自分に向いていると思うタイプを選んでクレジットカードを持つようにすると、より便利に利用することができます。