クレジットカードを更新できない理由

会社が発行しなくなることも?クレジットカードを更新できない理由

インターネット上でクレジットカードを利用して買い物をする際などに、カードの有効期限を入力する必要がありますよね。普段はあまり意識していないかもしれませんが、そういう機会にはクレジットカードには有効期限というものが存在することを実感します。

しかし、実際にはクレジットカードの有効期限が近付いたら、自動的に新しいカードが発送されるので、それを利用すればいいということになっています。そうなると、有効期限があっても実質ないようなものだと思いますよね。しかし、場合によってはクレジットカードを更新することができないこともあります。どのようなときに更新できなくなるのか、その理由となることについて見ていきましょう。

まずは、これまでのカードの利用方法に何らかの問題があった場合です。支払いにたびたび遅れがあるなど、カード会社からの信用が無くなったときにはカードの更新ができません。クレジットカードは、もともと個人に対する信用を元に商品の代金を立て替えるというシステムになっているため、信用がなくなったらカードを利用することはできなくなるということなのです。

また、連絡がつかない場合はカードを解約した扱いになることもあります。新しいカードが発送されてきたときに、登録されている住所や電話番号が異なっている場合にこのようなことが起こります。先ほども述べたように、クレジットカードは信用を元に発行されるものなので、連絡がつかないということはカード会社としても困ることになります。

支払いが順調にいっているのならいいのですが、万が一支払いに遅延などがあった場合に連絡する手段が無いことにもつながるからです。そのため、引っ越しをした際にはクレジットカードの会社にも連絡を入れることを忘れないようにしましょう。

さらに、これは利用者側の問題ではなく、カード会社側の問題で更新ができないこともあります。今まで利用していたカード会社が、何らかの理由でカードを発行しなくなることもあります。しかし、その際には同じブランドの通常のカードが送られてくることが多いため、クレジットカードそのものが手元から無くなるという可能性はかなり低くなっています。

以上のような理由から、クレジットカードの更新ができない可能性があります。利用者側の問題でクレジットカードが更新できないということがないように、支払いをきちんとすることと、住所変更などの届けなどを忘れないようにすることを心掛けましょう。