国際カードとは

自分のクレジットカードは海外で使えるか?国際クレジットカードとは

最近経済の停滞も影響して内向き志向になり、海外に出て行こうという人は少なくなっているそうですが、それでも海外旅行など短期間海外に出る人は相当数に上ります。そのときに注意が必要なのが、外国には日本のように治安が良い所は少ないと言うことです。

したがって海外に暮らす人は日本人のように沢山の現金を持ち歩くことは有りません。そこで発達してきたのがクレジットカードです。このため短期間でも海外に行こうという場合、海外でも通用するクレジットカードを持っていく必要があります。

国際クレジットカードとは

現在国際クレジットカードとして認知されているものはVISA、Master、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5種類です。ただ最近では多くのクレジットカードがこれ等のうちのどこかと提携関係に有りますから、国際クレジットカードとして利用することが出来るようになっています。

まずは自分のクレジットカードを見てどこと提携関係にあるのか確認してみてください。もし提携関係が無いような場合には海外に行くときには1枚作っておきましょう。

国際クレジットカードにも地域格差が有る

国際クレジットカードといっても全世界で強いわけでは有りません。たとえばよく知っているJCBは日本では圧倒的に強いですが海外に行けば加盟店は少ないほうです。このためJCBはアメリカンエクスプレスと提携し両者の加盟店で利用できるようになっています。

加盟店数ではNo.1がVISA、次いでMasterになりますが北米ではアメリカンエクスプレスが強みを発揮します。海外旅行に行く際には、予め現地で強いクレジットカードを調べて必要なら作っておきましょう。

国際クレジットカードの条件

国際クレジットカードに定義と言うようなものは有りませんが、国際クレジットカードの条件と言われるのが、世界で加盟店を獲得できること、国と国の間で決済が出来ること、24時間利用について承認するシステムを持っていることです。

いろいろなクレジットカードがありますが、これ等の機能を持っているのは前記の5種類のクレジットカードだけと言うことになります。これらの条件を構築するには長い時間と企業体力が必要ですので他のクレジットカードは提携関係を結ぶほうが経済的というわけです。

海外に行く予定が無い人は

自分は海外に行く予定はないので、国内で使えればいいと考える人もいますが、将来のことはどうなるか分かりません。たとえば仕事で行くようなことが無くても、新婚旅行などで一度は海外に行く事になる人は多いです。

たとえ一度であっても国際クレジットカードを持たずに行くのは大変不便だと思いますので、せっかくクレジットカードを作るのであれば、これら5種類のクレジットカードのどれかと提携関係に有るクレジットカードを選ぶことを勧めます。

ステータスシンボルになる

日本国内ではあまり考える必要は無いのですが、クレジットカードによっては海外ではステータスシンボルになる場合があります。そんなことに拘らないという人もいますし確かに無意味なことですが、海外ではそのクレジットカードを持てるということ自体が”すごい人”と言うことも有ってビジネス上でも少なくとも悪い方向には働かないはずです。

このようにステータスシンボルになるクレジットカードとしてはアメリカンエクスプレス、ダイナースクラブがあります。