クレジットの仕組みを知り上手に利用しよう

クレジットの基礎知識、その仕組みを知って上手に利用しよう

クレジットカードは、皆さんにとってもとても身近なものだと思います。そのクレジットカードですが、使い方も簡単なので、なんとなく利用しているという人もいるかもしれませんね。そこで、あらためてクレジットとはどのような仕組みになっているのかを理解することによって、上手に利用する方法を考えてみたいと思います。

クレジットという言葉には、元々信用という意味があります。つまり、カードを持っている人の信用を元にお金を一時立て替えるというのがクレジットカードを通じてのサービスということになりますね。お金の流れとしては、カードを持っている人が商品やサービスを購入した後、その代金をカード会社が一括で支払い、その後カードの所持者がカード会社へ商品またはサービスの費用を一括もしくは分割で返済するというものになります。

この流れを見てもらったらわかると思うのですが、商品やサービスをを先に手にした後でお金を払うという形になるということは、借金をして商品やサービスを手に入れているということでもあります。そのため、カード会社への支払いは確実に行う必要があります。カード会社への支払いを怠るということは、借金をしているのにそれを返済しないのと同じ状態を生み出すことを意味します。

さらに、カード会社への支払いは、多くの場合、指定された日に銀行口座から自動で引き落とされるという形を取ります。そのため、自で支払いをしたという意識があまりないうちに返済まで済んでしまっていることが多くあります。クレジットカードを通じてのやり取りであれば、つい支払日に支払いをしなければならないという意識が薄れてしまうのですが、支払いの日が来たのに銀行に残高が残っていなかったというようなことがもしあれば、借金を返済しなかったことになるということをしっかり意識しておきましょう。

最初に述べたように、クレジットとは信用という意味ですので、信用を損なうような行動を繰り返せば、当然のことながらクレジットカードの使用ができなくなることも考えられます。クレジットカードを利用すると、その情報は信用情報機関に登録されます。この情報は、金融機関が共通して利用できるものとなるため、1つのカード会社で遅延などがあったとしても、それはさまざまな金融機関に知られることとなります。

そのため、延滞を繰り返すなどしていた場合は、次にカードを作ろうとした時にその情報が元でカードを作ることができないといったことになります。また、現金を手にして買い物をするのとは違って、お金を支払っているという意識が薄くなる、さらにクレジットカードでいくら買い物をしたかが分かりにくくなるといったこともあります。

したがって、クレジットカードを利用する際には、本当に今その商品を買うことが必要なのかどうかを考える、いくら使っていて、きちんと支払いができるのかどうかを考えるなどしながら、上手に利用しましょう。