カードで支払いが可能な飲食店の見分け方

現金を持っていなくてもカードで支払いが可能な飲食店の見分け方とは

出かけていて帰るのが予定よりも遅くなった、偶然友達と会ってご飯を食べに行くことになったなど、予定していたのとは別に外食をする機会もありますよね。しかし、出かけた後に家族全員で行く時などであれば特に、手持ちの現金で飲食代の支払いができるかどうか心配になることもあるでしょう。

そうなったら、どこかでお金を下ろせばいいのですが、利用できるコンビニエンスストアなどを探してお金を下ろしてからさらに飲食店を探すよりも、クレジットカードを利用して支払いができる飲食店を探す方が早いですよね。

私自身も、飲食店でクレジットカードを使うという発想はあまりなかったのですが、あるきっかけで使用してからは、とても便利だと感じるようになりました。最近では、クレジットカードでの支払いが可能な飲食店も増えています。手持ちのお金が不安な時も、支払いを簡単に済ませるためにも、クレジットカードを利用するという選択もあっていいですよね。

それでは、実際にクレジットカードを使用して支払いをしようと思った時、どの飲食店で利用できて、どの飲食店では利用できないのかがあらかじめ分かっていると便利です。クレジットカードで支払いができる飲食店には、支払いのできるクレジットカードのブランド名が書かれたステッカが貼ってあるのが一般的です。外から見える位置ではなく、レジ周辺に貼ってあることもあります。

ここまで読まれて、レジ周りにしかステッカーがなかったら、実際に店に入らなければわからないので判断が難しいと思われた方もいらっしゃることでしょう。もっとはっきりわかった方がいい気もしますが、これには理由があります。飲食店でクレジットカードを利用して支払いをした場合、実はカードを利用する手数料が発生しています。しかし、この手数料は客に請求することはできない決まりになっているため、飲食店が負担している形になります。

その手数料は、カードで支払いがされた金額を元に決められるため、カードでの支払いが多くなればなるほど手数料も多くなるという現状があります。もちろん、客が多く見込めればカードでの支払いを導入することによって手数料以上に利益が見込めるため、積極的にアピールしている飲食店もありますし、そうでなく利用できる状態にしてはあるけれど、積極的にアピールはしていないという飲食店もあります。

そのため、利用できると利用者が知らないだけで、カードでの支払いが可能な飲食店は思ったよりも多く存在しているかもしれません。確実にカードでの支払いができる飲食店を希望するのであれば、ステッカーがあるところが安心です。手持ちのお金での支払いは可能だけど、カードで支払えるのであればその方が便利だという場合は、支払いの際に店側に確認を取るとよいでしょう。