icチップが内蔵されているカードのメリット

icチップが内蔵されているカードを持つと何のメリットがあるの?

クレジットカードは、その中に書き込まれている情報を読み取ることで買い物などに利用することができるのですが、そのデータはどのように管理されているのでしょうか。これには、磁気タイプのものとicチップが内蔵されたタイプのものがあります。最近ではicチップを内蔵したicカードが発行されることも多くなりましたが、それに対してこれまでのカードは磁気を利用した磁気カードとなっていました。両者はどのように違うのか、まずは見てみましょう。

磁気タイプのカードには黒い帯のような部分がありますが、この部分が磁気ストライプとなっていて、この部分を読み取り機にスライドさせることによってデータを読み取ります。それに対してicカードは、icと呼ばれる集積回路が入ったチップを搭載しています。このチップによって、端末機との間で認証作業などを行うことができるため、それによってデータのやり取りをしています。つまり、icチップは小さなコンピューターのような役割を果たすものであると言えます。

それではその2つはどのように違うのかというと、icカードの方が磁気カードよりも多くの情報を書き込むことができます。そのため、情報を暗号化するなどの方法で安全対策をすることが可能になります。したがって、セキュリティ上はicカードの方が安全であると言えます。

また、暗証番号を必要とするため、磁気カードの場合のサインよりも確実に本人確認ができます。サインであれば、名前さえわかれば書くことができますが、暗証番号を推測するのは難しいからです。さらに、icカードからは情報を抜き取ることが難しくなっています。icチップが不正なアクセスを受けると、壊れるような仕組みになっているのです。

そのうえ、そのカードが本物であるかどうかも認証する形を取っています。スキミングという犯罪は、磁気カードの情報をコピーして偽造カードを作ることによって行われていることを考えると、情報が抜き取りにくくなっていることと本物かどうかの認証が行われていることによって、安全性が高まっているということがわかります。

しかし、安全性が高いとはいえ、絶対に安心であるとは言い切れません。それは、カードを盗難された場合に暗証番号を知られてしまうと、不正に使用されることを防ぐことはできないからです。さらに、その際にはカード盗難保険も適応されない可能性が高くなります。そのうえ、暗証番号を変更する際のカードの再発行は有料になることもあります。

以上のことから、icカードを利用する際には、暗証番号を推測されないように生年月日や住所などを利用しない、暗証番号を入力する際には見られないように注意する、暗証番号を書いた紙などをカードと一緒に保管しないなどに気をつける必要があります。さらに、紛失や盗難に気付いたら、すぐにカード会社に連絡を入れることも必要です。

また、暗証番号を入力しなければならないということは、暗証番号を覚えておかなければならないということでもあります。たびたびクレジットカードを使うのならいいのですが、めったに使わない場合、いざ使おうとした時に暗証番号を忘れているということもあり得ますよね。そうなったとき、何回も間違えて入力するとカードを利用することができなくなります。その場合は、カード会社によって決められた方法で問い合わせをすることができるので、わからなくなったら無理に入力しようとしない方がいいということも知っておきましょう。

以上のようにicカードを持つと安全であるというメリットがあります。しかし、使い方に気をつけなければならないところもありますので、その特徴を知って有効に使いましょう。