本人以外がカードを使ってはいけない理由

どうして駄目?本人以外がクレジットカードを使ってはいけない理由

手元にあるクレジットカードを確認してもらえればわかると思いますが、裏面にはクレジットカードの所有者の名前を書く欄がありますよね。ここに名前を書くということには、実はとても大きな意味があります。クレジットカードの会社の規定では、クレジットカードの所有者以外がクレジットカードを使用してはいけないと決められています。

本来、カードはカード会社のものです。それを、カード会社から借りているという形でクレジットカードを所有しているのです。そのため、そのカードを誰かに貸すと、また貸しということになってしまうので、たとえ夫婦であってもちょっとカードを借りて使うといったことはできない決まりになっているのです。

そういったこともあって、カードにサインをすることには、所有者を特定するという意味があります。カード自体にも所有者の名前が記載されていますので、さらに確認するという意味が込められているということですね。しかし、実際にはカードを誰が利用したかということはカード会社にはわからないのではないかと思われるかもしれません。

ですが、万が一自分ではない誰かがカードを持っていて盗難に遭った、クレジットカードを貸した相手が支払いをきちんとしてくれないなどのトラブルが起きたときには、規約を破っていたら保証が受けられません。さらに、クレジットカードの裏側にサインをすることも義務として決められていますので、このサインが無い場合も同じく盗難や紛失などの問題があっても、保証を受けることができない可能性が高くなります。

それでは、家族がクレジットカードを利用する方法はないのかというと、これは家族カードを作ることで対応ができます。家族カードを作っておけば、それぞれがカードの所有者と同じようにカードを使用することができます。手間がかかると思うかもしれませんが、クレジットカードは不正使用などをされるととても大きな被害が予想できるため、カード会社の規定はきちんと守って正しく利用するということが必要です。もちろん、盗難されたり紛失したりしないように、日頃から管理をしっかりするということも大切です。

以上のように、本人以外がクレジットカードを使うことはカード会社の規約違反となり、何らかのトラブルがあった際に保証を受けられないことに繋がります。そのため、本人以外はクレジットカードを使ってはいけないのです。そのことを知った上で、規定を守った使い方をするようにしましょう。