学生用クレジットカードとは

学生でもクレジットカードが持てる?作るためにはどうするのか

クレジットカードは元々はしっかりした収入が無ければ作れるものでは有りませんでした。したがってクレジットカードを持つのは就職してからと考えるのが普通ですが、富裕層を中心に就職前でもクレジットカードが無いと不便と言われることもあって、そのような場合に用意されていたのが家族カードと呼ばれるものでした。

この家族カードは例えばお父さんの利用枠内で使える家族が別途持つカードですが、最近ではクレジットカードを使う場面が増え、学生そのものに向けた学生用のカードが有ります。

学生用クレジットカードとは

当然ですが学生の本分は勉学です。したがって収入が無いのも珍しいことでは有りません。このため本来であればクレジットカードは作ることが出来ないのですが、最近では預金口座にある程度のお金があればクレジットカードを発行してくれる場合があります。これを学生用クレジットカードと呼んでいます。もちろん収入が無いわけですから、ショッピング枠は5万円から多い場合でも20万円となっていて一般カードよりも小さくなっています。

学生用クレジットカードの申込と注意

学生用のクレジットカードを申込む場合、身分を証明する書類と、印鑑、銀行口座の情報などが必要です。審査は前記のように口座にある程度のお金が有るかどうかといった一般カードに比べて緩いものです。

作成する場合には卒業予定年月日をはっきりさせておく必要があります。学生用といっても口座引落ができないというようなことが発生してしまうと信用情報に記載され、卒業後まで響くことも有りますから、利用には充分注意してください。

学生用クレジットカードの年会費と特典

学生用クレジットカードの年会費は通常の場合無料です。場合によっては年会費が有る場合もありますが、非常に安価ですので年会費を心配する必要は有りません。

カードの特典はほぼ一般カードに類似のものが提供されていますが、ポイントの還元率や付帯する保険の補償金額等で優遇される場合も有ります。選ぶ場合には自分の利用場面をよく考えて有利な特典があるものを選べば、大変お得に利用できるでしょう。

社会人になった時には

学生が何時までも続く訳ではありませんので学生用クレジットカードを作る際には卒業予定の年月日を登録する必要があります。この登録をした時点を過ぎると、学生用クレジットカードから一般カードに自動的に切り替わります。

ただしこのとき改めて審査されるカードもあります。就職が決まっているのであれば、クレジットカード会社のホームページから就職先を入力することでショッピング枠なども一般カードと同じ水準まで引き上げられます。

学生にクレジットカードが必要なのか

クレジットカードの利用場面としてはお買い物と様々なサービスの支払いなどが有ります。例えばインターネットプロバイダなどの支払いには便利です。お買い物などは別に現金で利用すれば良いのですがこういったサービスに利用する場合にはクレジットカードが欲しくなります。

このため学生でも特に一人暮らしの学生の場合はクレジットカードが有ったほうが生活上便利と言えます。利用し過ぎが心配と言う場合には利用枠を小さくしてもらうことができますからこれを利用してみてください。