ブラックカードとは

ブラックカードって何?実在する最高グレードのクレジットカード

クレジットカードの最高グレードはプラチナカードだと考えている人が多いと思いますが、世の中には更に上位グレードのクレジットカードが存在します。それがブラックカードと呼ばれるものです。

ブラックカードはクレジットカード会社によって呼び方が違い、盤面が黒い場合が多いためブラックカードと呼ばれています。アメリカンエクスプレスが1999年にアメリカで発行したものが最初で、日本では2002年から発行されています。

どのようにしたら作れるのか

ブラックカードはいまのところすべてクレジットカード会社からの招待が無ければ作ることは出来ません。招待の条件は非公開ですが、プラチナカードの利用者の中から特に選んだ優良顧客だけに招待状が届くことになります。

といっても現在でも日本国内でブラックカードを持っている人はそれほど多くはなく、別名幻のカードとも言われる事が有ります。要するにこれを作れるのは経済的に極限られた人間だと言うことです。

ブラックカードの年会費

ブラックカードの年会費は公式には公開されていない場合もありますが10~36万円程度とされています。年会費がこの金額ですから、とても平均的な収入の人には作ることが出来ないことがわかります。

ただしプラチナカードには既にその傾向が見えてきていますが、多くのクレジットカード会社が同じグレードのカードを作り出すと、年会費も徐々に低下して行く傾向が出てきます。どうしてもブラックカードを作りたいと言う人はそうなるまで気長に待ってみてはどうでしょうか。

ブラックカードの利点

ブラックカードのサービス内容などは公開されていないため詳細は分かりませんが、当然プラチナカードを凌駕するものが揃っているはずです。たとえばアメリカンエクスプレスにはブラックカード会員に専属のテレフォン・コンシェルジュが存在しており、問い合わせや要望に対応してくれるようになっていると言われています。

またブラックカード会員の家族にも厚いサービスがあり、配偶者にはブラックカードが家族にはプラチナカードあるいはゴールドカードが無料で発行されます。

まずは無縁の世界と考えましょう

上昇志向の強い人は自分もブラックカードを持ちたいと考えてしまいますが、このカードを持っている人は極僅かで、社会的に大きな成功を収めているような場合でなければ作れません。

しかしこういう人は別にブラックカードを持つために社会的成功を目指したわけでは有りません。ブラックカードはあとから付いてきた物です。ですからブラックカードを目指して頑張ると言うようなおかしな考え方は止めて、まずは社会的な地位を作ることを目標にして下さい。

クレジットカード会社の戦略に乗ってはいけない

かつてはクレジットカードのグレードは2種類しか有りませんでした。しかしクレジットカード会社は、他社との差別化を測る必要があり、次々に上位のグレードを作り出してきました。

ブラックカードもアメリカンエクスプレスが他社が次々とプラチナカードを発行し出したために作ったもので、その後各社が似たようなカードを作ってきているので、また同じ戦略が繰り返される可能性も有ります。ですからそろそろ高い年会費を払ってまでその戦略に乗るのは止めても良いのではないでしょうか。